災害時の被災データの取得・大容量データの5G伝送の実証実験

近年埼玉県内において豪雨による浸水被害が発生し、多くの被害をもたらいしています。また、今後は首都圏直下型地震への備えも必要となっています。そこで、地域のおける課題として災害時の情報収集等を関係市町村が連携して対応できる体制が必要不可欠となっています。

今回の実証実験では、ドローンレーザースキャン測定機器等を用いて、デジタルデータを即座に取得し、5G回線を介して大容量のデータ伝送、共有する実験です。

実施日程(予定)令和4年1月22日、24日
実施場所(予定)越谷レイクタウン駅周辺

情報提供:国土交通省関東地方整備局

Follow me!