1月19日、大沢地区センターにて「防犯のまちづくり」についての講習会がありました。東部地域振興センターの秋山先生より、埼玉県の犯罪情勢や空き巣対策にはご近所同士の声の掛け合いが効果があることや、子どもへの「声かけ事案」に対する安全対策など日頃からできる対策を講演頂きました。また、最も印象的だったのが実際に録音された「振り込め詐欺」の音声です。高齢者を巧妙な手口を使い騙しているやり取りは、実際に自分だったら騙されてしまうかもしれない、とさえ思いました。現在、越谷市や警察においても振り込め詐欺対策を行っていますが、どうか自分は騙されないと思わずに、様々な防犯対策を取り、家族やご近所さんとの交流を活発にしてい頂き、犯罪を未然に防いで頂きたいと思います。

Follow me!